体内の水分をコントロールするコンドロイチン

コンドロイチンという物質は水分を保とうとする効果も持っているので体内の水分を一定に保とうとする働きもあります。


人の体のほとんどは水分で出来ているとされており、そのなかの約3割以上失うことがあればすぐに脱水症状を起こして倒れてしまうとされているほど水分は大切なものになります。


気をつけて水分を摂取しているという人は多いかもしれませんが、それと同時に汗をかいたり尿としてどんどん体の外に水分は排出されるようになっていくので寧ろ水分を体内に留めておくということを考えていったほうが良いでしょう。


コンドロイチンを充分に摂取している体であれば保水性も高く、水分量も高い体質になっていることから熱中症にもなりにくくなっていくので安心して暑い夏場も過ごしていくことができるようになります。


ただ、熱中症になりやすい人というのはこのコンドロイチンという物質も失われてしまっている体になっているとされているので水分を補給するのと同時にコンドロイチンの摂取もおこなっていくようにしてみましょう。


お手軽に薬で補給することもできますし、海藻類をはじめとした食品からでも摂取することができるようになっているのでそう難しく考えることはありません。