むろん脱水症状は生命に関わります

体の約7割は水分で出来ているほど人体にとって水分というものはとても大切なものになります。


そして、3割以上水分が減ってしまうと脱水症状として倒れてしまうとされていますが、汗をかいたり尿をすればあっという間に水分というものは排出されていってしまうようになるのですが、余分な水分を排出することがないように働きかけてくれている物質が人の体には存在しています。


それは、コンドロイチンと呼ばれている物質になります。


これは、関節痛などによく効く医薬品などにおいて聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、同時に保水性という特徴も持っているので人の生死に関わっている物質とも言って良いでしょう。


摂取した水分をしっかりと体に留めておくために働きかけ、そして余分な水分が外に出ていってしまうことがないようにしています。


もしもコンドロイチンが不足している体になるとそのコントロールが上手く取れなくなっていってしまうので脱水症状や夏場であれば他の人よりも熱中症にかかりやすくなってしまって倒れてしまったり生死の危険にもさらされてしまうこともあるとされています。


コンドロイチンも人体には無くてはならない物質の一つとも言えるでしょう。