暑さだけが熱中症の原因ではない

暑く、気温が高まってくるとより熱中症を引き起こすとされています。しかし、熱中症の原因となっているのはなにも暑さだけではありません。


体内の水分が失われてしまっていくために熱中症を引き起こして倒れてしまうというのが熱中症の原因とされています。


体は常に一定の体温を維持しおうとします。冬場になれば暖めようとしますし、夏場になれば体を冷やすために汗をかいたりして体温をキープしていくわけですが、その際には予想以上の水分が体の外に出ていくようになります。


水分を補給するのが熱中症対策にはもってこいとされているのですが、ただ水分を摂取すれば良いというものではありません。摂取した水分を常に体内に留めておく、保水していくという必要もあります。


なるべく余分な水分を外に出さないためにはコンドロイチンの働きかけも重要になります。コンドロイチンのなかには、保水性といった働きも持っているので充分にこの物質を日頃から摂取していくようにすると熱中症予防にもつながっていきます。


コンドロイチンは医薬品としても身近なところで販売されていますし、身近な食品のなかにも多く含まれている物質になっているので摂取するのが難しいことはありません。